治療法が選べる!【美容外科でのシミ治療特集】

種類はいろいろあります

看護師

痕に残しません

一口にシミといっても、いろいろな種類があり、美容外科での治療法も異なってきます。代表的なシミを取り上げてみると、老人性色素沈着、そばかす、肝斑、炎症性色素沈着などがあり、原因も症状も違っています。まず、それぞれの特徴を見てから、美容外科でどのような治療が行われるのかも解説してみましょう。老人性色素沈着は、最も多くみられる症例で、紫外線によって肌の老化が進むと発生するシミです。肌が紫外線を浴びると、メラニンが生成されますが、その生成量が過剰になり、色素が沈着することによって老人性色素沈着となります。日焼け後の適切なケアをしておけば防げるのですが、それを怠ったために発生しているのです。老人性色素沈着が初期の段階なら、美容外科でハイドロキノンやレチノイン酸を含んだ軟膏が処方されるので、それを症状が出ているところに塗ります。ハイドロキノンはメラニンの生成を阻害することによって、美白効果を発揮しますが、少し刺激があります。レチノイン酸は皮膚の再生を促す薬で、最初に塗布したときは、皮膚の薄皮がむけるでしょう。しかし、初期の段階を超え、くっきりとしてしまうほどの症状になっている場合は、レーザー治療の必要が出てきます。レーザーには何種類かありますが、最も老人性色素沈着に適しているのがQスイッチレーザーです。Qスイッチレーザーを使うと、レーザーの照射時間がナノ秒単位と極めて短く、色素が沈着したメラノゾームを選択して、破壊することができます。そばかすの場合は、目の下からほほの周りに茶褐色や黒褐色の小さな色素がいくつも現れます。遺伝による影響が大きいですが、日光をたくさん浴びると悪化する場合があり、やはりメラニン色素の沈着が原因です。対処法は、老人性色素沈着と同じようにQスイッチレーザーを使うほか、光(IPL)治療を利用する場合があります。中でも、薄いシミやそばかすにはライムライトが有効です。ライムライトの特徴は、幅の広い波長の光を顔全体に照射することで、肌の見た目を大きく改善することができます。皮膚の再生も促し、みずみずしい肌も手に入ることでしょう。30〜40代の女性に多く見られるのが肝斑というシミで、左右の頬骨に同じ形で対称に出現します。女性ホルモンの乱れが原因とされていますが、正確なところは解明されていません。治療法としては、ハイドロキノンやレチノイン酸の軟膏を使う以外に、内服薬としてトラネキサム酸やビタミン剤を服用します。レーザーを用いた方法については、これまで肝斑がかえって増幅してしまうという面があり、逆効果だとされてきましたが、最近は最新の技術を使ったレーザー機器が開発されています。レーザートーニングと呼ばれる治療法で、レーザーの出力と形に工夫が凝らされ、肝斑に適した治療法になっているのです。炎症性色素沈着は、皮膚が炎症を起こし、炎症が治まったのにもかかわらず茶色いシミが残っている状態です。基本的な治療法は、外用薬としてハイドロキノンやレチノイン酸、内服薬としてトラネキサム酸やビタミンCを使いますが、他のシミと同じようにQスイッチレーザーを利用する場合もありますし、IPL(光)治療が用いられる場合もあります。

TOP