治療法が選べる!【美容外科でのシミ治療特集】

皮膚科での処置

レディ

レーザーを用いた方法

皮膚科で受けることが可能なシミ治療の中で、最も即効性が高い方法がレーザー・フォトによる治療です。一言でいっても様々な種類があり、また、それぞれ効果的なシミの種類も異なります。そのため、自分が悩んでいる症状に効果的なものを選ぶことが必要になります。「Qスイッチヤグレーザー」は、シミやホクロなどの黒い色素を破壊することが可能なレーザーです。従来までのレーザーと比べると、その波長の範囲は広いものになっています。さらに、通常のものと同様に、皮膚表面のシミだけでなく、真皮のメラニン色素に対しても効果を発揮します。老人性色素斑やそばかすに効果的です。肌にゴムを弾くような、小さいながらもはっきりとした刺激が感じられます。Qスイッチヤグレーザーの出力を落としたものが「レーザートーニング」です。こちらは、肝斑や色素沈着、くすみの治療に高い効果を発揮するでしょう。痛みを感じることはあまりありません。レーザーの出力はあまり高くないだけにやや完治まで時間を要しますが、肌への影響も低いといえるでしょう。シミの原因ともなるメラニン色素は、赤色の波長をもつ光を吸収しやすいという特性を持ちます。この特性を利用し、シミを破壊することが可能なのが「Qスイッチルビーレーザー」です。このレーザーは、シミ以外の肌を傷つけることはありません。シミだけでなく、あざやそばかす、脂漏性角化症、花弁状色素斑など、様々な症状への効果が認められています。Qスイッチルビーレーザーとよく似た「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」は、黒色メラニンに対する反応では劣るものの、悪い影響も少ないことが特徴です。また、Qスイッチルビーレーザーと比較して、赤い色素への反応も弱く、周辺組織に対するダメージも少ないという性質を持ちます。治療に多少時間がかかっても、肌への負担を極力減らしたいという方に向いている治療法であるといえるでしょう。患部以外の肌への影響がないのは同じですが、こちらのほうがより負担が少ない方法です。「フォトフェイシャル」は、黒色や赤色の色素に吸収されやすい光の熱エネルギーを利用し、メラニン色素や毛細血管を破壊する方法です。表皮のシミには効果的ですが、真皮までは効果が及びません。ただし、すべてのフォトフェイシャルが真皮への効果を持たないわけではありません。「フォトシルクプラス」というフォトフェイシャルの一種は、真皮の上層部にまで効果があります。レーザーよりも痛みが少ないことが特徴ですが、レーザーよりも値段が高い傾向があります。「炭酸ガスレーザー」は、皮膚の表面に盛り上がりがあるシミやホクロに効果があります。炭酸ガスレーザーは、他のレーザー治療とはことなり、光によるものではありません。炭酸ガスレーザーによって正常な皮膚と患部とを切り離す、というどちらかというと、メスを用いた外科治療に近い方法です。物理的に皮膚と切り離す方法ですので、皮膚の深部にあるものには効果がありません。施術時には麻酔をかけますので、注射の痛みはありますが、術後の痛みはありません。また、レーザー治療と比べ、かなり価格が安いことが特徴です。このほかにも治療の種類は様々です。どれも必要とする期間や効果のある症状、値段などが異なりますので、医師とよく相談し、自分に適した方法を選ぶのがよいでしょう。

TOP