治療法が選べる!【美容外科でのシミ治療特集】

種類はいろいろあります

看護師

シミにもいろいろな種類と症状があり、それによって美容外科で施す治療も違ってきますが、最近は治療機器が発達しているので、痕をあまり残さずにきれいに取り除くことができるようになりました。それでも、治療後のケアが大切なので、気を付けてください。

More Detail

レーザーなどで消せる

女性

レーザーなどで消せる

シミ、そばかす、くすみ、肝斑などは、レーザーやフォトフェイシャルなどの照射治療で消すことができます。シミを消すには、レーザー治療が効果的です。美容皮膚科や美容外科などの多くのクリニックで、レーザーマシンを導入していて、シミを消す治療に使用しています。一般的にシミ消しに使われているのは、エッジサージカルレーザーやQスイッチYAGレーザーです。どちらも紫外線や加齢が原因でできる「老人性色素班」や母斑などにも効果的です。レーザー治療の場合、ほとんどのシミや肝斑が一回の照射で消せます。一般的なシミに効果があるのが、エッジサージカルレーザーです。エッジサージカルレーザーの治療時間は、だいたい直径5ミリ以内の小さなシミで約5分程度です。レーザーを当てる前に局所麻酔をすれば、照射をしている間はほぼ無痛です。治療をしてすぐは出血や赤みがあるので、肌色の保護テープを貼って保護する必要があります。照射をしてから数週間すれば、かさぶたになり、ターンオーバーとともに剥離されます。剥離されたあとはピンク色になって残りますが、数か月でまわりの肌色と同じくらいになり、ほぼ目立たなくなります。頑固で年季が入ったシミでも一回で消せるのは、レーザー照射による治療だけです。ホルモンの乱れが原因でできる肝斑も、レーザーでなかったことにできます。肝斑には「レーザートーニング」というレーザーマシンが効果的です。レーザートーニングはQスイッチYAGレーザーの一種です。普通のレーザーよりもマイルドな作用があり、肌へ負担をかけずに肝斑をきれいに消去することができます。レーザートーニングが誕生する前は、肝斑のレーザー治療は不可能でした。しかし、レーザートーニングが誕生したおかげで、肝斑もレーザーでなかったことにできる時代になっています。顔全体にちらばったそばかすには、特殊な光を照射する「フォトフェイシャル」が効果的です。フォトフェイシャルは、レーザーと同じように照射をするだけの治療です。レーザーの場合はターゲットを絞って照射しますが、フォトフェイシャルの場合は広範囲にある色素沈着に対して効果があるのがメリットです。頬骨全体にあるそばかすも、フォトフェイシャルをすればなくなります。フォトフェイシャルをすると一時的にそばかすが濃くなりますが、それは光の作用で浮き上がってくるからです。濃くなったそばかすはやがてかさぶたになってぽろぽろと剥離されていきます。そしてしばらくすると、そばかすのない色白の透き通った素肌が出来上がります。フォトフェイシャルには炎症後の赤や茶色のニキビ跡を薄くする効果や、毛穴を目立たなくする効果、毛細血管を縮小して赤ら顔を改善する効果もあります。さらにエラスチンやコラーゲンなどの弾力成分の生成を促進し、しわやたるみを予防するアンチエイジング効果も期待できます。顔全体の美白・美肌・アンチエイジングが同時にできる、優れた美肌治療マシンです。肌の衰えがひどくなる前の段階で、定期的にフォトフェイシャルをしていれば、いつまでも潤いと艶のある理想的な美肌を維持することができます。

同年代に差をつける肌へ

鏡を見る人

美容クリニックなどで受けられるシミ治療はレーザー治療のようにシミそのものをなくしてしまうものだけではありません。肌へのビタミン注射、肌質改善に役立つピーリングなどもあます。また、レーザー治療の費用相場は150,000円前後となっています。

More Detail

皮膚科での処置

レディ

シミの治療方法は様々です。それぞれ値段や治療に要する期間、痛みの有無、効果のある範囲、肌への負担、効果的な症状などが異なります。そのため、治療の前に自分の症状をきちんと把握し、医師とよく相談の上施術方法を決定しましょう。

More Detail

TOP